ストーリー

satokeita
「なにかやってみないか?」 | Nanafu|YUKATA Roomwear

「なにかやってみないか?」

浅草で高級カットソーを70年間製造してきた老舗工場の 2代目社長の一言から、浴衣ルームウェアブランド『Nanafu』は始まりました。 徐々に失われつつある Made in Japanの 縫製技術と浴衣文化を残すため そして何より着た人が喜び、より魅力的になって頂くため Nanafuは歩み続けます。


satokeita
譲れない拘り | Nanafu|YUKATA Roomwear

譲れない拘り

可愛いよりも 格好よく美しく。身体が綺麗に見えるルームウェアが欲しい。力を抜いたプライベートな時間に着るものだからこそ着心地、素材にも拘りたい。既存の店舗やブランドではできない本当に納得のいくプロダクトを届ける。 デザイナーのそんな思いからNanafuの商品は作られています。


satokeita
夫婦で30年営む縫製工場から世界へ | Nanafu|YUKATA Roomwear

夫婦で30年営む縫製工場から世界へ

Nanafuが縫製をお願いしている工場のひとつに親子2代にわたって30年以上服を作り続け、現在はご夫婦2名で1枚1枚、手作業でものづくりをされている工場があります。明朗快活で人当たりの良い奥様と穏やかで実直な印象のご主人様が阿吽の呼吸で作業を進めており、とても居心地のよい雰囲気のなかNanafuの商品が作られています。